News List記事一覧

シリーズ「ヨーロッパの郷土菓子 ~記憶に残したい伝統銘菓~」始めます。

ヨーロッパ各地には、民族と文化の融合の歴史の中で生まれた多種多様な郷土のお菓子があります。そして今に残るそれらのお菓子には、ひとつひとつ歴史があり、今も人々が愛する、変わらぬおいしさがあります。中には時代の変遷で姿を消してゆくものもあります。
梅月堂はフランスを中心としたこれらの多種多様な郷土菓子を再現し、長崎の皆様に、ヨーロッパ各地の歴史と文化から生まれた素晴らしい焼き菓子をご紹介したいと考えました。

梅月堂百二十余年の歴史の中で培ってきた製菓技術と情熱、特に「焼き菓子への思い」をこのシリーズで形にしていきます。

毎月1種類、12か月間。それぞれの味をどうぞ。

          • 8月のお菓子は

    「タルト・オ・ピニョン(松の実のタルト)」

            9月のお菓子は

    「マローネン・グーゲルフップフ (マロン入りクグロフ)」

            10月のお菓子は

    「マンデル・レーリュッケン(鹿の背中の形をしたアーモンドのお菓子)」

  • ヨーロッパの郷土菓子タイトル

とっぺん塩ロール 新発売

上五島の風土が生んだ高級完全天日塩「とっぺん塩」を使用。

自然豊かな五島列島の海から生まれた完全天日塩をクリームに配合、
ほんのり効いた塩味が島に吹く潮風を感じさせるロールケーキです。
とっとって(とっぺん塩ロール)

「軍艦島チョコレートタルト」10月25日 新発売

軍艦島チョコレートタルト   1個 180円  5個入り 1,000円(税抜)

世界文化遺産に登録された、端島(はしま 通称 軍艦島)に魅せられて作ったお菓子。

島をモチーフにしたサクサクなパイ生地の上に、鉱山のようなザクザクとしたオリジナル、チョコレートクランチ。ほんのり効いた塩味が潮風を感じさせる絶妙な味わいです。

ひるじげどんコラボ企画「夢のひるじげスイーツ」として商品開発。ながさきプレスで紹介されています。

梅月堂様_ひるじげBON小

 

 

「121周年 創業祭」 10月23日(金)~25日(日)の3日間

おかげさまで、121周年を迎えることができました。

その感謝の気持ちを込めて、梅月堂全店で 、3日間に限り創業祭を開催します。

創業祭チラシH27

 

梅月堂各店で

*シースクリーム 復刻版シースクリーム   2割引

菓匠 穂俵で

*季節の上生菓子 2割引

さらに、梅月堂全店で

スタンプカード 2

ご来店をお待ちしています。

 

「火曜サプライズ」でシースクリームが紹介されました。

 

7月28日 19:00 日本テレビ

火曜サプライズ

長崎アポなし旅のなかでシースクリームを、三浦春馬さん、ウエンツ瑛士さんに紹介してもらいました。

本当に、アポなしロケでした。梅月堂をすすめていただいた角煮まんじゅうの岩崎本舗さんありがとうございます。世界文化遺産に登録された端島(通称「軍艦島」)で撮影され、8月公開の映画「進撃の巨人」のつながりで三浦春馬さんに長崎のショートケーキ「シースクリーム」を食べてもらえました。

復刻版シースクリームシースクリーム
春馬さんが、「ウマい!これ♪」と言った初代シースクリーム(左下)と「う~ん おいしい!なんとなく 懐かしい」といったシースクリーム(右)

 

偶然ですが、春馬さんと同じ名前の人気菓子「長崎ハルマ」があります。

長崎ハルマイメージ
生クリームとバターそれにオレンジを混ぜこんだ風味豊かな餡をお楽しみいただける創作菓子。

 

12